So-net無料ブログ作成

第50回青梅マラソン [マラソン]

こんにちは、寒い日が続く中、朝ランのサボりぐせがすっかり板に付いた(?)chimamoです。

昨日は記念すべき50回目となる、青梅マラソンに参加してきました。

多色刷りのゼッケンと、記念品のゼッケン留め。
image1.JPG

TシャツもPUMAでしっかりしてる。
image2.JPG


前日の夜半まで降り続いた雨は、9時くらいまでポツポツ降っていたけど、まもなく止んでスタートの11時過ぎには暖かいくらい。

去年は天気は良かったけど寒くて、スタートを待つあいだ震えてたのとは大違い。

今回の目標タイムは2時間15分切り。

去年は2時間15分少々と、自己ベストを大幅に更新した。でも今年は川越ハーフの結果を考えても大幅更新は難しい。
そもそも自己ベスト更新できるのか?

練習呂は変わらないし、どこも故障ないし、できるでしょ! 

と、思ってたけども結果は惨敗・・・。

2時間22分と、去年よりも7分も遅くなってしまった。

前半はキロ4分35秒で抑えて、後半はキロ4分25秒とペースを上げていく、去年とほぼ同じ展開の作戦だった。
が、最初の3キロを過ぎても混雑が収まらず、従ってペースも上がらず。
キロ4分40秒台がやっと。

折り返したら空いてくるかと思ったけど、相変わらずの混雑で、せいぜいキロ4分35秒。

ゴールしてから、2時間00分の好タイムを出したSさんに、

「今年は混雑がひどくてペースがあがらなかった。ランナーのレベルがあがったかな?」

と言ったら、

「周りのレベルが上がったんじゃなくて、chimamoさんのレベルが下がったんでしょ!」

と、キツ~イ一言。 はい、その通りでございます。

もちろん、ペースが上がらないのは混雑だけのせいではない。

5キロの駅伝では問題なかった、2重構造の「WRIGHTSOCK」を履いて望んだら、左右の親指から人差し指の付け根に大きな豆ができるし・・・。

履き心地いいし、蒸れにくいかと思って履いたけど、自分には合わなかったようだ。
去年は「R×Lソックス」の5本指で、下りで指の股に少し豆ができてコレにしたんだけど・・・。

ターサー履いてから足のウラに豆ができたことはないんだけどなあ。

蒸れなかったし、爪へのダメージも全くなかったし、走り方の問題かな?
とはいえ、次のフルマラソンやウルトラマラソンで使うのはリスクが大きすぎる。
(普段のランはMUTEKI足袋を裸足で履いてるから、靴下を試す機会がないのだ)

とまあ、つらつらと言い訳を書き並べてはみたけども、一番の敗因は「走り込み不足」だろう。

去年は前半はペースが上がりそうなのを、「まだまだ」と抑えて走ってたのに、今年はキロ4分40秒台がちょうどいい。
折り返してからも、残り10キロからはしんどくて、ペースを上げる余裕は全くなし。

2月に入ってから4日しか走ってないし、それじゃ体も動かないか。

12月の川越ハーフの結果が良くなかったから、ここでタイムを更新して弾みをつけて、3月の古河はなももで更に好タイムを!

なんて思っていたけど、厳しい現実を突きつけられた感じ・・・。


とはいえ、

クオカード当たったし、
image3.JPG

ブロ友のハーレーさんにお会いできたし、


差し引きゼロということで?!

横瀬でいちご狩り [飯能]

久しぶりのブログ更新です。

今日は横瀬にある「おきうね農園」に行ってイチゴ狩りに行ってきました。
イチゴ.JPG


カミさんが用事でいないので、子供らと3人だ。
娘も大分車に慣れてきたようで、あまり酔わなくなってきた。
なんでも、乗る直前に飲む「梅酢ジュース」が効くんだとか。

本当かどうか疑わしいけど、フラシーボでも何でも、効果があるなら文句はない。

奥武蔵駅伝で賑わった(?)痕跡はどこにも残っていない国道299号を、「来年は絶対タスキをつなぐ!」と決意を新たにしつつ秩父方面に進む。

正丸トンネルを抜けたら、急に残雪が増えて驚いた! やっぱり峠を境にして随分と寒くなるみたい。
雪解け水で路面が濡れているところも結構あったし、深夜と早朝は凍結が怖そうだ・・・。

ほぼ12時、「おきうね農園」に到着。駐車場には車が3台ほど。 
横瀬にあるイチゴ農園のなかで一番奥にある農園を選んで正解だったか?

残雪、というには残りすぎている。分かりにくいけど画面右で紅梅が咲いている。
農園.JPG

レストハウスで聞いてみたら、受付は直接ビニールハウスで行うとのこと。

手作りジェラードに心を奪われた娘と、試食の漬物に手を伸ばしている息子の手を引っ張ってレストハウスを後にする。
これからイチゴを食べるというのに、腹に余計なものを入れるわけにはいかない。
ましてやジェラードなんて!

ビニールハウスに入って、小学生以上1500円×2、小学生未満800円と、3800円を受付で支払う。
この料金は秩父のイチゴ農園なら共通だ。

練乳を入れたパックをもらったら、30分が「狩り」の時間だ!!

ハウス内はミツバチが飛び回っていて、娘が「怖い~」なんてビビっていたけど、すぐに平気で歩き回ってる。
イチゴを食べ始めたら、ミツバチなんて、視界から消えていったみたいだ。

ハウスの中に他のお客さんは3組ほど。ハウスが大きいので、全然気にならない。

ハウス内はシートで覆われて、土の露出は全くなく、未来的な雰囲気。
畝(?)も、こどもの胸くらいの高さなので屈む必要がなく、膝とか腰が悪い人にも快適にイチゴ狩りができる。
ハウス内.JPG

熟れたイチゴでも、小さいより大きいほうが甘いようだ。
自分が選ぶイチゴより、息子が「これ。絶対甘いよ!」と差し出してくるイチゴの方が確実に甘い。
何故なんだ、見た目はほとんど変わらないのに・・・。

2種類のいちごがあって、酸味があるのと、控えめなのと。名前は忘れてしまった。
自分は酸味がある品種の方が、甘味も強いように感じたなあ。

娘は「おいしい~、天国にいるみたい~!」と、大満足の様子。

ひたすら30分、イチゴを食べ続けたら飽きてくるかと思ったけど、さにあらず。
口に含むイチゴはどれも甘酸っぱく、あっという間に30分が過ぎてしまう。

いちごだけでお腹一杯になるという、なんとも贅沢。

受付で、特においしい時期を聞いたら、時期にもよるけど、暖かい日が続いた時は甘く、寒い日が続くと甘味が落ちるらしい。

うーん、いいことを聞いた。
次に来るときは週間天気予報を確認して予定を立てよう!

きっとカミサンが、「ずるい! 自分も行きたい!!」って言うだろうし。

帰る途中で当然のように雪遊び。
雪遊び.JPG