So-net無料ブログ作成

小江戸川越ハーフマラソン2015 [マラソン]

小江戸川越ハーフマラソンを走ってきました。

完走賞のお芋サブレ(?) 美味しかった。
image1.JPG


結構有名な大会(らしい)だけど、参加するのはこれが初めて。

飯能から会場最寄りの駅まで1本で行ける大会って、あとは奥武蔵ウルトラくらいか?
近いっていなあ。

天気は快晴で風もなく、それでいて暑くもなくと、絶好のマラソンびより。雨でなくて良かった。

見事な快晴。寒いけど。
IMG_3969.JPG


10キロの部がスタートした後に、申請タイムのブロック毎に並んでスタートを待つ。

自分はBブロックで、隣でずっと川越高校の応援団のエールを浴びてました。
学ラン姿の高校生は凛々しいのだけど、まだまだ顔は幼くて可愛いくらい。
なんて思うのは、自分が年取ったからなんだろうな、なんて思いながらスタートを待つ。

整列からスタートまで、ひたすら応援団のエールが続く。MCとか一切なし。
味気ないカウントダウンの後、おもむろに「パン」と、なんとも気の抜けた感じの号砲が鳴ってスタート。

スタート地点の道幅は狭いけど、ブロック最前列にいたせいか、大した混雑もなく走り出す。
寒さで足裏の感覚がなく、何とも頼りない感じ。

今日の目標は1時間30分切り。

・・・だったのだけど、あわよく1時間25分くらいいけるかも、なんて欲をかいたのが今回の敗因。

このところ、ずっと前半を抑えて走り、後半でペースアップする作戦で走ってた。
しかし、この作戦は手堅い反面、大幅なタイム更新は狙いにくい。
なので、目標タイムを達成しても、「もう少し頑張れたんじゃない?」と、いささか後味の悪さを残すのだ。

なので今回は、「とりあえず行けるとこまで行こう。」作戦に切り替える。
昔ランナーズで読んだ記事で、「初心者が陥りがちな失敗例」に挙がっていた気がするけど気にしない。

はじめの2キロをウォームアップがてらキロ4分30秒、15秒と走った後は、キロ4分~4分10秒で走る。

驚いたのが、市街地に入ってからのエイドで「焼き芋」(しかも皮付き!)を配っていたこと。

ご当地名物とはいえマラソンの補給食に焼き芋って、かなり向いてないよなあ。
さすがに自分の周りで手を出すランナーはいなかった。

途中、スターウォーズのクローン兵のコスプレの応援がいて、思わず手を振る。
ぜひ来年はあの格好で走ってほしいものだ。

いつもなら抑えて走るところを、ペース配分をきにせずに足の向くまま走り続ける。
折り返し地点では、まだペースは保っていたけど余裕はない。

15キロを過ぎるまで、足の疲れは感じるもののペースを維持してきた。

しかし、ついに16キロ地点でペースダウン・・・。

足が「終わった」と告げている。この感じ、久しぶりだなあ。思い出したくない記憶だ。

1キロ毎にじりじりとタイムが落ちていく。

痛みはないのだけど、足が重くなって動きが悪い。

ラップタイムを見ようとガーミンに目をやると、いつのまにか液晶に水滴が浮いていて表示が見えない。

調子のいい時は、「もっと走ってたい!」と、前ゆくランナーを抜きながら走るのだけど今日は逆。

次々とランナーに抜かれて、時には背中を追いかけるけど、そのうちに離されてしまう。

肉体以上に精神的に辛いレース展開で、心はすっかり「もうだめだ」モードに。

ラップタイムは分からないけど、前後するランナーよりも明らかにペースは遅い。

「もう1時間30分を切るのは無理」と、目標達成は諦めながら淡々と走る。

20キロ地点でタイムを見たら、「1時間25分」。
秒数表示がないので、何秒か分からないけど、まだ4分以上の余裕があるのは確か。

もしかして、頑張れば30分切れるんじゃない? と、ここにきて一筋の希望の光が差し込んでくる。
1時間25分45秒とかなら無理だけど・・・。

残る力を振り絞ってペースを上げる。

といっても、相変わらず後からくるランナーには何度も抜かれる。
ま、ある意味では全力を出し切ったと言えるかも。

で、結果はネットタイムで1時間30分53秒。

うーむ、あと1キロ早くスパート(?)をかけていれば目標タイムをクリアできたかも。
なんて、後からは何とでも言えるのだ。

11月は50キロしか走ってないとか、前日まで風邪を引いていたとか、言い訳なんかしない(^^;)

次回は前半は抑えて走る作戦で行こう、と固く誓うのであった。

今回のコースは、陸橋をいくつか越える際のアップダウンがあるけど、後は殆ど平坦路。
道はそれほど広くないけど、そんなに混み合ってもないので走りやすかった。
沿道の応援も多くて元気をもらったし。
なにより自宅から近いのがいい!

そんなわけで、来年もエントリーして1時間30分切りを果たすぞ!


走った後にもらえる川越汁。「どの辺が川越?」と思ったら、さつまいもが入ってた。
image2.JPG


近くのコンビニで一緒に参加した面々でカンパーイ! この一杯のために走ってるんだよね!
image3.JPG


猿に追い掛けられる [マラソン]

ども、chimamoです。

家族で那須に行ってきました。

宿は那須ハイランドユースホステル。

殆ど葉っぱは落ちてます
おかげで渋滞もなかったけど。
image-20151122081626.png


昨日は晴天だったけど、日が傾きだしてからは寒かった!
image-20151122082041.png

手頃な値段で、家族で気軽に泊まれるユースは、我が家の定宿と言っていいくらい。

今朝は6時に起きて付近をランニングしてら、農家の納屋の前にいた猿と鉢合わせ。

緩いカーブで死角になっていて、気付いたら目の前にいました。

「目を合わせたら喧嘩の合図」というのは知ってます。

でもね、鉢合わせして、とっさに目をそらすなんて無理。
思いっきり目が合っちゃいました。
その距離およそ2m!

こっちは走ってる最中だから、そのまま走り去ろうとするけど、猿が同じペースで追いかけてくるじゃないの。
少し離れて何匹かいたから、母親猿かも。

ここで背中を向けて全力で走ったら、却って危険かも、と、目を合わせたまま半身を向けて、「くるなら来い!、この猿!」くらいの気持ちでペースを変えずにいたら、ついて来なくなった。

ユースに戻ってから、ペアレントさんに言ったら、「それは危なかったですねー。この辺はサファリパークがあるせいか、猿は殆ど出ないんですが」だって。

何事もなくて良かった〜。


ランニング足袋「MUTEKl(無敵)」を履いて半年経過 [マラソン]

久しぶりのランニングネタ。
走ってはいるけど、ブログに書くことが殆どないのです。

レースは出てないし、膝や腰も痛くない。
そんな平穏な日々を送っているうちに、ランニング足袋「MUTEKl(無敵)」 半年経過した。

上から見ると、少し汚れたくらい。
image-20151114173640.png


この写真だと、左右差はなさそう。
image-20151114173844.png
約600キロ走ってます。
あと半年くらい保てばいいなあ。

しかし、拡大して見ると

右足裏
image-20151114174841.png

左足裏
image-20151114175000.png

左右を比べると右足裏の親指の付け根がすり減ってる。

踵は左右とも同じくらい。
image-20151114175128.png
ここは縫い糸が見えてきたから、シューグーで補修かな。


始めのうちは、まさにソールのすり減ってるところ、右足の親指付け根辺りに靴擦れがよくできた。

ソールが柔らかいから、走り方のクセがすぐにハッキリする。

と言っても、マメが出来やすいのは、走り方もあるけど、本体がナイロン仕様のために蒸れやすい上に、裸足で履いてるので足裏が汗で滑ってしまうのだ。

「自分でスリットを入れて、通気性を高めよう!」
と、何度も思った。

思っているだけで行動に移さないうちに、マメができなくなった。

寒い季節になって汗をかく量が減っただけ、かも知れない。
でも、未だに走った後は汗だくになって、干しとかないと大変な事になる。

毎回干していても、2〜3週洗わずにいると、中高生の時にやっていた剣道の「籠手」と同じ匂いが漂ってくる。
更に熟成を重ねれば、足だけに籠手を越えるかもしれない。

きっとそうなる前にカミさんに捨てられるだろう。

話しが逸れたけど、寒くなってきたけど汗はそれなりにかいてるはず。

ランニングフォームが良くなった、のなら嬉しいなあ。

成果は今シーズンのレース結果に現れるはず!

飯能にレザークラフトの店 [飯能]

いつの間にやらオープンしていた、飯能のレザークラフトのお店に行って来ました。

場所は、飯能整形の裏、または元ポンコツラーメン(今の店名は失念)の向かい、と言えば飯能に詳しい人には伝わるかな?

工房も兼ねていて、作っていところも見えます。

革製の名刺をもらいました。
image-20151113200225.png


HPに載っているより多くの商品がありました。
お値段も手頃だし、飯能近郊の人で革製品に興味ある人は一見以上の価値はあるかな。

で、何を買ったかと言うとコレ


車のキーホルダー。
image-20151113200020.png


材料を買って自分で作るのも良いんだけと、結局は高くつくんだよね。

仕上がりは当然プロの仕事には遠く及ばないし。

でもこのお店、ハンドメイド用の材料も揃ってるので、何か作ってみようかな?

うーん、結局は車ネタか・・・





やってしまった・・・ [クルマ]

新しい相棒、レガシィについていたカーナビの地図は2007年度版(多分)。

当然、飯能の新しい道や、我が家も載っていない。

しかもナビの地図更新サービスが2015年で終了らしい。これが最初で最後と、新しい地図データ(SDカード)を購入する。

地図のアップデートには40分くらいかかるらしく、とりあえず名栗湖まで一人でドライブ。

瞬間燃費計とにらめっこしながら走ると、ガソリンの消費具合が分かって面白い、けど落ち着かない。

自宅から名栗湖まで、少し混み気味で走って12.5Km/l。
3日のドライブの方が良かった。

無事にアップデートも終わり、さわらびの湯の駐車場で回れ右して自宅に戻る。
ついでにトリップメーターもリセットし、燃費を測り直す。

帰りは下り基調なのに加えて、車が少なくて流れがよかったので到着時に15.8km/l。

市街地に入るまでは17km/L近くだったから、ストップアンドゴーがどれだけガソリンを消費するか良く分かった。

BGMに合わせて鼻歌交じりで帰宅、駐車場に停めようとした時に悲劇か・・・。

ウチの駐車場は狭いので、何度か切り返す必要がある。
一旦ギリギリまで前に寄せて、再びバック、のつもりが

「ドーン!!」

徐行にも関わらず、「どーん!」って結構な衝撃か来ましたよ。

慌ててバックギヤに入れるけど、

初めてバイクで立ちゴケした時、急いで起こしたら反対側に倒してしまった記憶が蘇る。

落ち着いて車をバックさせてエンジンを止める。

車をおりてバンパーを確認すると、しっかりと傷が刻まれてるではありませんか・・・。
傷.JPG

不幸中の幸いというか、隣家との境界でもあるブロック塀は無傷。

渋滞の299号を通ってスーパーカインズホームへお買い物。

タッチペンにコンパウンド、ポールを持っていれば、何が起きたか説明するのに言葉は要らない。

「いやぁ〜、ウチのカミさん、車庫入れが下手で参っちゃうよ。」

なんて雰囲気を漂わせながら(?)レジに並ぶ。

対応策.JPG


車のおかげで買い物もラクチン、やっぱ車があって良かった~、
って嘘。車があって余計な出費が~。

あ、自分の下手な運転が原因か。

コンパウンドを使ってみたら、傷の部分以外が濁ってきて、却って目立ちそうで中止する。

慣れないことは止めて、シンプルにタッチペンでちょいちょいっと傷口を塗る。

素人、特に不器用な人間はこれくらいにしとこう。やり込む程に悪化していきそうだ。

離れて見る分には目立たなくなりました。
補修後.JPG

やっぱ、一つくらいは自分でつけた傷もないとね、ね?

タッチペンを使いながら、子供の頃ウチのオヤジが良く車を擦ってなあ、なんて思い出した。

これも遺伝子のなせる業か・・・。

我が家に車がやって来た! [家族]

すっかりブログ更新がご無沙汰していたchimamoです。

これまでキャンプやドライブにはレンタカーを使っていた我が家ですが、とうとう車を購入しました。

新しい相棒となったのは、

スバル レガシィツーリングワゴン2.0R
温泉.JPG

11年落ち、走行距離7万5千キロと低年式で距離もそれなりですが、外観・内装ともとっても綺麗。
前のオーナーさんが大切に扱っていたらしく、金属製ステップガードの保護フィルムがそのまま残ってた!
当然、納車してすぐに剥がしましたが(^^;)。

これで車検整備付きで、KLX250の本体価格より安いんだもんなぁ。

横から見てもグッド
釣堀2.JPG


ハイオク仕様で高燃費、何かとランニングコストが割高なのが玉に瑕、それが安さの理由かも。

でも、レジャー目的で月に1回か2回しか使わないのなら、それほど維持費も掛からないはず、と前向きに考えた訳です。
水平対向エンジンを運転してみたかったし。

10月末に納車して、文化の日に早速ドライブに行ってきました。

高速道路を使って渋川伊香保ICまで。

ノンターボだけど普通に走る分には十分すぎるパワーで、高速もラクチン。
高速道路.JPG


レガシィBP5の初期型はサスペンションが固めと聞いていたけど、特に気にならず。
いつもなら走り出してすぐに車酔を起こす娘が、車の中でおにぎりを食べてるくらい。

12年製のブリザックを履いているけど、仕事で乗るサマータイヤ仕様の軽自動車よりずっと静か。
スタッドレスだけどタイヤが柔らかい感じも全然しないし。

渋川伊香保ICを下りて目指したのは・・・。

箱島湧水
湧水1.JPG


一日3万トン(!)の湧水量は、まるで湧水というよりも噴水みたい。
湧水2.JPG


駐車場にて。桜の咲く頃にまた来たいなあ。
湧水.JPG


湧水近くの釣り堀でニジマス釣り
釣堀.JPG

時間制限なし、目方釣り(釣った魚の重さで料金が決まる)にしたら大漁!
1時間で21匹も釣れました。

湧水で育ったせいか、刺身にしても全く臭みがなくて美味しい!
刺身.JPG

麺がほうとうよりも太い望郷うどんも絶品!
望郷うどん.JPG

満腹になったら、根古屋城温泉でまったり。
根古屋城温泉1.JPG

古い建物が味を出していて、なんとも落ち着く温泉でした。
駐車場からの眺めが素晴らしい!(1枚目の写真)

湧水、釣堀、温泉と、全部車で5分以内のエリアに収まってる。
我が家の定番コースがまた一つできました。

約200km走って燃費は12.9km/l。
ほとんどが高速道路だったとはいえ、追い越しも結構して、渋滞にもハマった。
それでこの燃費なら、悪くないはず(レガシィとしては)。タイヤもスタッドレスだし。

次はどこへ行こうかな。