So-net無料ブログ作成

はんのう路地グルメで満足 [飯能]

はんのう路地グルメのチケットが手に入ったので、昼食がてらお店の新規開拓をすることにした。

東町の交差点から飯能河原方面に向かう。
目指したのは開店前から行列ができていた「焼き肉 牛三郎」ではなくて、「そば処 美津村」。

店の存在は前から知っていたけど、風景に完全に溶け込んだ、歴史を感じる店の佇まいに気圧されて入った事はなかった。

路地グルメマップの説明を読んだら、創業1941年だとか。そりゃ歴史を感じる訳だ、と納得する。
297美津村.jpeg

暖簾をくぐると、高橋留美子の漫画に出てくるような腰の曲がったお婆さんが現れる、と思ってたら、笑顔の素敵なおねーさんが出迎えてくれる。

この時点で、「店の選択は正しかった。また来よう!」とおっさん心に固く誓うのであった。

まだ11時台ということもあってか、客は自分達だけ。

路地グルメメニューから、子供らは「ミニカレーうどんセット」、自分は「ミニもり蕎麦+日本酒1合セット」を選ぶ。
昼から呑む酒の味は格別である(午後から用事があるけど1合位なら、と自分に言い訳する)。
あと、盛りうどんも追加で注文する。

路地メニューは、どれもが「ミニ」がついている。
「どうせなら、お腹いっぱい食べたいのに」と思ったけど、飯能を訪れた人がいろんなお店を楽しんでもらうため、と聞いて納得する。

自分たちの料理を待つ間に、他の席があっという間に埋まっていく。
常連客らしき人も結構いる。地元に愛される店が本当に美味しい店なのだ、と期待が膨らむ。

運ばれてきたカレーうどんは、「ミニ」とは言え結構なボリューム。
7歳の息子はともかく、4歳の娘には「ちょっと多いかな?」と思わせるくらいの量である。
299カレーうどん.jpeg


自分の蕎麦は、日本酒もついているので普通の盛りの半分くらいか。
298蕎麦セット.jpeg


肝心の味のほうは、というと、うどんも蕎麦もとっても美味しかった!
麺のコシが強いとか、太さがどうのと言った特徴はあまりないと思う。
でも、全体的(歯ごたえとか、風味とか、つゆとか)にレベルが高くおいしいのだ(偉そうにスミマセン)。

「一度食べたら満足」、と言うのでなくて、「また来たい、他のメニューも食べてみたい」と思わせる味だ。
「飽きがこない」味とも言えるだろう。60年以上の歴史は伊達じゃなかった!

子供らも、「美味しい、美味しい」と全部平らげている。

満足して店を出た後は、新島田屋で「夢馬まんじゅう(今日はかぼちゃあん)」を買い、八幡神社で食後の運動をしてから帰ったのであった。

食後の運動をする子供達
300食後の運動.jpeg


夢馬まんじゅう
301夢馬まんじゅう.jpeg


かぼちゃ餡。かぼちゃの風味が美味しかった
302かぼちゃ餡.jpeg


「そば処 美津村」、また来よう。
今度は秘伝のタレをつかった天丼が食べたいなあ。


ブログランキング参加しています。
よろしければポチっとお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

barrr

かぼちゃ餡の饅頭、美味しそうですね。近くを通った時は
寄ってみたいと思います。
by barrr (2013-10-20 19:15) 

chimamo

barrrさん、コメントありがとうございます。
夢馬まんじゅうを頼んだ時、お店の人から「今日はカボチャ餡だけどいい?」って聞かれました。
日によって中身が変わるのかも。
何が入ってるかお楽しみ、というのもいいかもしれませんが(^_^)
by chimamo (2013-10-21 20:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0