So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

第52回青梅マラソン [マラソン]

こんにちは、最近はブログ記事が外部に向けてというよりも、自身の備忘録に近づきつつあるchimamoです。「あの時、どんなだっけ?!」と、記憶が曖昧な時は自分のブログを参考にしてます。
ある意味、外部記憶装置ですね!?

さて、2月18日の日曜日、第52回青梅マラソン 30kmの部に参加してきました。
以下、レポート(というか備忘録)です。

開催地が近いのと、スタート時間が11時半と遅いのもあって、7時過ぎに起床。
定番となりつつある、餅を2個、きな粉と砂糖をまぶして食べる。
ついでに二つ、ラップにくるんでおく。

ちなみに、後で調べてわかったけどもレース前は食物繊維は避けた方がいみたい。
今度からは砂糖醤油にしとこう。

8時過ぎ、東飯能駅でSさん、Mさんと待ち合わせ、河辺駅でKさんと合流。

少し風はあるけど、青空が気持ちよく広がるマラソン日和だ。
IMG_6209.JPG

小学校のグランドでゼッケンと参加賞を受け取る。
一昨年は警官が厳しい目つきで睨んでたけど、今年はボランティアスタッフだけ。
苦情がきたのか? 他の警備で忙しいのか?

今年の参加賞のTシャツ
至ってシンプルで、普通に着れるデザインだ。
IMG_6217.JPG

昔の「これ、いつ着るねん!?」と突っ込みたくなるデザインが懐かしい、かな?

総合病院の地下駐車場にマットを広げ、着替えを済ませる。

時間に余裕があるので、早めにお土産を買う。

青梅大学いも学部の、大学芋チップスと芋ようかん、おまけにもらった青梅産大豆で作った豆腐
IMG_6212.JPG

おまけの豆腐が、濃厚な味でとても美味しかったです。あ、もちろん芋チップスと芋羊羹もおいしかった。

あと、青梅第三小学校の生徒が売っていた、1秒タオル。800円也
IMG_6216.JPG

別にタオルが欲しかった訳じゃないけど、ウチの息子と同じくらいの小学生が声を張り上げて売ってるのね。
「なんだろう」と足を止めて、小学生から説明を聞いて、買わずにいられようか(いや、いられない)。


家から持ってきた餅は、9時すぎは柔らかかったけど、11時過ぎに食べた時は結構固くなってた。
作ってから2時間以内に食べた方が良さそうだ。

ちなみに、今回の目標は、「キロ4分30秒をキープすること」。

記録更新を目指すなら、キロ4分15秒~20秒あたりで攻めたいところだけど、来週が東京マラソンなので、青梅は抑えていく作戦だ。

スタート15分前、スタートエリアに並ぶ。
今回はBブロックで、一昨年は霞むくらいに遠かったスタートのアーチがすぐ近くに見える。
快晴で風もなく、並んでいて全然寒くない。

11時30分、号砲を合図にスタート。

【1~5km】(avg:4分28秒)
これまでだと、最初の1キロは混雑とコーナーの連続でイライラするくらいに進まないけど、今回は至ってスムーズ。
その後も人は多いけども流れは良く、ついついペースが上がるのを抑えて走る。

【6~10km】(avg:4分30秒)
上り坂の勾配がきつくなり、意識しなくてもペースは抑え気味となる。
結構日差しが強く、汗が出る。 摂り過ぎに注意しながらも、こまめな給水を心がける。
途中でMさんが追いつき、追い抜いてくけど、気にせずペース維持を心がける。

【11~15km】(avg:4分29秒)
折り返しまでは登りが続くけども、疲労感は全くなし。
気分的にはジョグペースで、全然余裕な感じ。

【16~20km】(avg:4分18秒)
ホントはキロ4分30秒だと、タイムは2時間15分なのだけど、欲がでたのか、脳に酸素が足りずに計算をミスったのか、「このままでは2時間10分を切れない!」と焦りを感じる。

体力的にもまだまだ余裕もあったので、抑えたジョグペースから、「気持ちよく走れる」ペースに上げる。
ここまでの補給は、エイドのヴァームウォーターのみ。
19kmを過ぎたあたりで、マグオン(梅味)でカロリーチャージ。
初めて使ったけど、いつものパワージェルよりもサラッとして飲みやすいし味も悪くない。

【21~25km】(avg:4分24秒)
21キロを過ぎた辺りから全身に疲れを感じ始める。
「20kmも走っているんだから当たり前」と、気にせずペース維持を心がけるけど、青梅マラソン名物のアップダウンを越える毎に足が重くなっていく。

【26~30km】(avg:4分26秒)
25km前後だと思うけど、頭がぼんやりして周りの景色が霞んでいるような感じ。
体も思うように動かない。疲れた、いうか動かない。
後にして思えば、ジェルはあと2つ残ってたし、エイドで何か食べれば良かったのだけど、前に進むこと以外、考える余裕がなかった。
体の前に脳のエネルギーが切れた状態とでも言いましょうか。

これまでの快走が嘘のように重くなった体をなんとか前に進める。
1kmが果てしなく遠く感じ、前を走るランナーがじりじりと遠ざかっていく。
うーん、一番嫌な展開だ。

無理をするとフォームが乱れて余計に辛くなるのは何度も経験済みなので、できるだけ力まないよう、フォームを崩さないよう、それだけを意識しながら足を前に繰り出す。

29kmのラップはキロ4分31秒だったけど、他はなんとかキロ4分20秒台を維持してゴール。

完走賞のメダルを女の子スタッフから首にかけてもらう。
今年から実用品でなくて、メダルになったのね。
IMG_6213.JPG

自分にとっては外せない青梅マラソンのイベント、秋田小町からおにぎりを受け取って、すべての儀式(?)は終了。

先にゴールしていた先輩方と合流。

結果は 2時間13分49秒(avg:4分27秒)

「余裕を持ってキロ4分30秒」なんて言ってたけど、青梅マラソンはそんなに甘くなかった。
目標はクリアーしたけど、全然余裕なんてなかった。

特に痛む箇所はないし、爪や足裏も何ともなかったので、フォームは崩れることなく走りきれたみたい。
ここは良かった点。

反省は、補給のタイミングが遅すぎたことか。
過去の自分のブログを見てると、30km以上のレースで後半に失速するケースって、ほぼ例外なく、補給のタイミングが遅い。
逆に、イーブンペースで走りきっている時は、大抵こまめな補給を行ってる。

つまり、今回も補給をこまめにしてれば、後半にペースダウンすることなく走りきれた、かもしれない。

というか、自分が全然過去から学んでないことが今更ながらよくわかった。

あと、スタート30分を切ってから餅を食べたけど、走り出してしばらくは何とも腹の収まりが悪かった。固形物を食べるのは1時間前までにしとこう。

まあ、来週の東京マラソンのいい予行演習にはなったな。


nice!(2)  コメント(0) 

鳩山までちょこっとツー [バイク]

こんにちは、先日は奥武蔵駅伝だったのですが、風邪っぴきで全く調子が出なかったchimamoです。
立っているだけでも咳が出てゼーゼーしてる状態で走ったら、もっとしんどいんじゃないの?
なんて思ってたけど、追い込もうにも体が動かず、普段よりも楽(?)に走れました。
当然ながらタイムは去年よりも1分以上遅いんですけどね。まあ、それでもキロ4分は切ってたら良しとするか?!

で、風邪がやっと落ち着いた翌週の2月4日、「もう我慢できない!」と、残雪の残る中をVstrom650でツーリングに行ってきました。


立ち寄った平和資料館の展望台からの景色
IMG_6172.JPG
晴れてれば最高、のはず。

飯能市内でも日当たりの悪いところは道路に残雪が凍っている状態。
「家の梅干がなくなりそうだから」
という、まさに取ってつけたような理由で越生の農業直売所まで買い物ツーリング。

11時半に出発して、30分くらい走って到着、梅干を買って本日の目的達成!

ではあんまりなので、も少し進んで鳩山ニュータウンにある、蕎麦屋「満作」を目指します。
が、朝食が遅かったこともあり、あんまり腹も減ってないし、何より走り足りない。
更に走って埼玉県立の「ピースミュージアム(平和資料館)」を目指す。

住宅街を抜けてから平和資料館までは、距離は短いけど快適なワインディングロード。

「このバイク、やっぱり楽しすぎる~」

と、至福の時を味わう。

慣し期間を終えて回転数の縛りはないんだけど、5500回転も回せば加速は十分。
あっというまに免許を心配するスピードに達してる。
それでいて、コーナーでも安定感が抜群で全くコケる気がしない。

ホント、このバイクは楽しすぎるぞ。

気が付けば平和資料館に到着。
残雪の残る駐車場にバイクを駐める。
IMG_6180.JPG

初めて来た平和資料館。

展望タワーの存在感が半端ない。
IMG_6170.JPG

平和資料館は、太平洋戦争を中心として防空壕の実物大模型とか、戦時中の教室が再現されてる。

「戦争を問題解決の手段にしては絶対ダメだ!」

と、改めて認識したのであった。

埼玉県民(特に小中学生とか)は、是非とも来るべき施設です。入場無料だし。

こんど子供を連れて来ようかな。

展望台からの眺めも素晴らしい、の一言。

今度は晴れた日に来たいものだ。

帰りがけ、バイク跨ってエンジンかけている時に、小学生高学年くらいの男の子が、歩きながら熱い視線でこっちをじーっと見てた。

「かっこい~、自分もバイク乗りたい~」と目が語っていた、気がする。

少年、バイクは楽しいぞ! と、心の中で少年に語りかけながら駐車場を後にする。

まあ、実は後ろに好きな車が止まっていて、それを見てただけかも知れんけど・・・。

適度に歩いたりして、いい感じでお腹が空いてきたところで「満作」へ。
IMG_6183.JPG

13時過ぎだったけど、テーブルは全部埋まっていて、なんとか相席で座れる。

暖かい蕎麦が食べたかったので、「ごぼ天そば」を注文。

ごぼ天で蕎麦が見えない!
IMG_6182.JPG

とーっても美味しかったです。
今度はざる蕎麦を食べてみたいぞ。

帰りに「こだわり豆腐 藤屋」に寄って豆腐プリンを購入して帰宅。

往復100kmにも満たない3時間のツーリングだったけど、けっこう楽しかったです。

v-Strom650、やっぱり最高や!!
nice!(3)  コメント(0) 

フロストバイトレース2018 [マラソン]

こんにちは、今日ワークマンで靴下(600円くらい)を買おうとしたら、財布に500円しか入ってなくて、一瞬フリーズした後で何事もなかったように「カード払いで」と冷静に対処したchimamoです。
さすがに一括か分割かは聞かれませんでした。って当たり前か。

1月14日の日曜日、毎年の恒例行事となりつつある、横田基地のフロストバイトレース(ハーフ)に参加してきました。

体調はというと、年末に引いた風邪が長引いて咳が止まない。
棄権するほどでないけど、まともに走れるかどうか、な状態。

「去年も同じように風邪を引いた状態で、まったくやる気なかったけど、タイムは良かったんだよな。」
と、自分に言い聞かせて会場に向かう。

お決まりのゲート前写真
IMG_6141.JPG

今回のハーフマラソンは去年からコースが大きく変わって、10キロのコースを2周する周回コース。

9時過ぎに着いたときは気にならなかった風が、時間とともに強く吹いてきて、ともかく寒い!
スタート地点で人混みの中にいても寒かった。

スタートは国道沿いから
IMG_6131.JPG

先導は白バイでなく、基地のツーリングクラブの皆さん。
IMG_6133.JPG

写真には写ってないけど、スズキの隼も先導してた。あのバイクで徐行運転は辛そうだ。

スタート地点が国道沿いのためかスタート前の司会も控えめ。お決まりのズンバも少し離れたところで踊ってたし。

11時になって走り出すけど、周回コースのためか道路が半分に仕切られていて道幅が狭い。
さらに、走り出してすぐに直角コーナーがあったりで、なかなかペースが上がらない。

人がバラけ出したと思ったら、滑走路に出て結構な向かい風。
帽子が飛ばされないよう、つばを後ろ向きにして走る。

折り返せば追い風でペースが上がるかと思ったけど、「風止んだ?」と思うくらいの無風状態。
直線が終わって、右に大きく曲がるにつれて、徐々に風が吹いてきて、最後は斜めからの強風。
けっこう面白い経験だった。

面白い経験をしたのはいのだけど、ペースの方は全然上がらない。
道は狭いし、向かい風だし、仕方ないか、と、やる気が削がれそうになるけど、投げるのは嫌なので、ともかく走る。

大先輩のSさんにぴったりとついて走るけど、ラップタイムが3分台から4分台で安定しない。
人が多いのと、向かい風のせいだ。

2周目は、人はばらけるけど、やっぱり向かい風は変わらず。
前回の川越ハーフの時よりも、後半に入っても体力に余裕があって、ペースを上げる。
でも向かい風は辛いぞ。

終わってみれば、タイムは1時間24分08秒

去年よりも15秒遅い。走った距離は去年が21.01kmで今年が20.74kmと300m近く短いんだけど。

まあ、ラスト5キロは川越ハーフよりも速く走れてたから、よしとしとこうか。

しかし、去年といい、今年といい、少しくらい体調が悪いほうがタイムはいいのか?
気負わない分だけ、力を抜いて走れるのかなあ?

今年の参加賞(トレーナー)と完走賞(チューブバンダナ)
IMG_6143.JPG

真っ赤なトレーナーは、もらった時は「これ、パジャマ以外に使い途あんの?!」
と思ったけど、着ている同世代(つまりオジさん)を見てたら、以外におかしくない。

今度のスキーツアーに着ていくか。

nice!(6)  コメント(0) 

ターサージャパン新旧履き比べ [マラソン]

こんにちは、今朝も5時過ぎに起きて走ったのですが、体調が悪いのと寒い(ー6℃)のダブルパンチで、4キロ程走って切り上げ、再び布団に潜り込んだ根性なしのchimamoです。


自分のレースシューズは2014年に買ったターサージャパンなんですが、3シーズン、
奥武蔵ウルトラ(78km) 2回
フルマラソン     6回
ハーフマラソン    5回
5km(駅伝)     5回
と、概算で500km少々走って、ソールも削れてきたし、クッションもヘタってきた気がするので、買い換えることにしました。
もちろん、今回もターサージャパンです。

せっかくなので、新(2017)、旧(2014)を比べてみた。

上から
IMG_6083.JPG

赤が2017モデルで、青が2014モデル。
2014モデルの方が、幅広に見れるのは、履き込んでるからだろう。
旧モデルにはつま先に反射材があるけど、新モデルには無い。コスト削減かな?
写真ではわかりにくいけど、2014モデルの方が、アッパーのメッシュが粗くて通気性が良さそう。
2017モデルは、結構厚みがある感じ。つま先のベンチレーション(?)もなくなってる。

後ろから
IMG_6084.JPG

2017モデルのほうが、ソールが薄く見える。履き込んでる2014年モデルの方が低そうなもんだけど。

横から
2014モデル
IMG_6087.JPG
2017モデル
IMG_6086.JPG

一番ショックだったのが、2017モデルではシューホールが1コ無くなってたこと!
自分は足首に近い部分に二つ並んでるホールを両方使って、紐が緩まないようにしてたのに・・・。

反射材といい、細かなところでコストダウンされてないか?! アシックス!!。

ウラ
IMG_6088.JPG

滑り止めのパターン以外は、特に変わりなし。
2014モデルは、指の付け根あたりの摩耗が激しいけど、他はそれほどでもない。
これは普段履いている無敵でも同じ減り方。

で、実際に裸足で履き比べてみた。

まずは履きなれた2014モデルで軽く走ってから、2017モデルを履いてみる。
足を入れた感じはまったく一緒。メッシュ素材の違いは分からない。ここは一安心。

歩き出してすぐに、前足部のソールが厚くなったことに気づく、って当たり前か。
ジョグペースから徐々にペースを上げていくと、2014モデルよりも蹴り出した時の前足部の反発がやや強いような・・・?!
ヒール部はまったく違いは感じられず。

もう一回、新旧履き比べると、前足部の厚さの違いは明らかだけど、ソールの反発についてはあんまり変わらないような・・・。

最後に、左を新モデル、右を旧モデルにして走ってみたら、やっぱりソールの厚み以外の大きな違いは感じられなかった。

じゃあ、どっちがいいのか、と言うと、

両者に大きな性能差がないのなら、履きなれてる「2014モデル」の方が良いかも・・・。

普段が極薄ソールのランニング足袋「無敵」(しかも走り込んでさらにソールは減っている)だから、ソールが薄いのは気にならないんよね。

自分の場合だけど、3シーズン、500キロ程度走ったくらいでは大した性能低下はない?

むしろ、やっと足に馴染んできたとか?!

ということで、今シーズンは旧モデルを履き続けることにします。

2017モデルを履くのは、もう少し先になりそうだ。
nice!(3)  コメント(0) 

2017年走り納め 秩父路ツーリング [バイク]

こんにちは、子供たちの成長とともに、我が家に来るサンタさんの経済負担が増して困っているchimamoです。ニンテンドースイッチなんて高くて無理!

先週の土曜日、年末の大掃除をうっちゃって、走り納めのツーリングに秩父まで行ってきました。

早朝ランニングで7時前に中央図書館前を通ったら、車道も歩道も霜で真っ白。
去年はこの場所での路面凍結は一度もなかったのに、今年の冬は寒いぞ!

国道299も、正丸トンネル付近のライブカメラを見たら、9時前でマイナス3度。
余裕を持って、11時過ぎに家を出る。

吾野あたりでの道路脇の気温表示は14度(バイクの表示は12度)と暖かく、車道の凍結はすっかり融けていて、走るには問題なし。
でも、ところどころ歩道は凍っている。

路面凍結を恐れてか、交通量が多いのと相まってノロノロペースが延々と続く。
せっかくVstrom650の走行距離が1000キロを越えて、慣しが終わったけど、これじゃ全然エンジンを回せない。
まあ、自分も怖くて飛ばせないけどね。

今日の一つ目の目的地、「二八そば ひらい」に到着。
P1190641.JPG

秩父で一番旨い蕎麦の店、らしいけど、外観からは営業してるかどうかも怪しい感じ(失礼)。
何度も店の前は通っているけど、全く気付かなかったし・・・。
でも、こういう店構えの方が美味しい場合が多いんだよね、きっと。

中に入ってみれば、ご亭主をはじめ店員さんが爽やかな笑顔で迎えてくれる。
うーん、この店、気に入った!

お店のこだわりが伝わってくる黒板
P1190630.JPG

毘沙門水まで毎日汲みに行ってるのかな?! 結構遠いぞ。

しかしながら、開店が11時半で、12時過ぎについたのに、お目当ての手挽き蕎麦は売り切れ!
「ま、初めてだし、まずは定番メニューでいいか。」
と、とり天丼セットを頼む。

待つこと約20分。

きたきた~!
P1190637.JPG

蕎麦は更科で細いけど、歯ごたえはしっかりしている。
ツルツルっとすするもよし、しっかり噛んで蕎麦の風味を味わうもよし。
とっても美味しいお蕎麦でした。

鳥天丼も、衣にしっかりタレが掛けてあるのに、サクサクで、鶏肉はふんわり。

これで900円って、なんてお得!
幸せな時間を過ごさせていただきました。

今度は開店すぐにいって、手挽きそばを必ず食べよう!

お腹を満たしたあとは、もう少し県道を長瀞方面に進んで、お土産にすまんじゅうとかりんとうを買う。
P1190644.JPG

どちらも道の駅で買えるのだけど、この道がけっこう好きなのだ。

その後は、来た道を引き返し、コンビニでおやつを買って、棚田まで戻る。

武甲山をバックに1枚。
P1190654.JPG
先週貼ったリムステッカーは、しっかり固定されたみたいだ。

バイクを駐車場に止めて、東屋で青空カフェ開店!

お湯が沸く間に豆を挽いて、なんて思ってたら、挽き終わる前にお湯が沸いて、慌てて準備する。
家なら何でもない作業でも、外でやると風吹いてフィルターが飛ばされそうになったりと、なにかと大変。
P1190665.JPG

なんとか失敗することなく、コーヒーを淹れ終わる。

誰もいない棚田で、コーヒーを楽しみながら景色を独り占め。
風の音だけが聴こえる、と、言いたいところだけど、正面の工場の音がけっこうウルサイ。

コーヒー飲み終わったら、誰もいない駐車場でUターンの練習、と思ったら、小さなお子様が自転車の練習を始めたのでさっさと退散。

行きと同様に車の多い国道299をのんびりと帰ったのでした。

本日の走行距離:85.5km
燃費:27.5km/L

nice!(6)  コメント(2) 

入間市駅伝2017 [マラソン]

こんにちは、最近はあっというまに週末がやってきて、「えっ!もう金曜日?!」と、嬉しいより、戸惑う気持ちの方が強いchimamoです。
でも、これだけ時間の流れは早く感じるのに、どうして給料日はなかなか近づいて来ないんでしょう?

さて、先週の出来ことですが、入間市駅伝に参加してきました。

今年で51回目という、けっこう伝統のある駅伝。
自転車やランニングつながりで3チーム、15人も集まりました。凄い!

天気はいいんだけど、かなり寒い!
途中に雪が舞ってたし・・・。

自分の担当は1区。奥武蔵駅伝のメンバーで走るから、当然ながら真剣勝負。

で、結果がコレ
P1190689.JPG


去年、同じ区間を走った記録がコチラ
P1190688.JPG



20秒近くも負けてる・・・。
今年はターサー履いて、去年は裸足だったのに。

正直、今年は靴履いて走るから18分は余裕で切れると思ってた。なのに、この結果。
去年の自分に惨敗です。

必死になって負けた理由(言い訳)を考えてみた。
・今年は去年よりも寒かったから体が動かなかった
・去年は駅伝の1週間前に、狭山クロカンを走って、その後風邪ひいてほとんど走れず、結果として休養になった
・今年は水曜と木曜にポイント練習をして、足に疲労が残ってた

といったところでしょうか。

5000mを全力で走るのは、今シーズンは今回が初めて。
去年は1週間前にクロカンで走っているので、体も良く動いた、というのが一番の理由かなあ、と。

いずれにせよ、去年に比べて大して進歩してないのは間違いなさそう。
もっと走り込んどかないと、奥武蔵駅伝がやばいぞ。

得た教訓としては、本気で走る時は、1週間は休養期間を設けた方がいい、ということか。

奥武蔵駅伝に向けての、いい経験になったということで。

あと、5kmくらいなら、自分の場合はシューズでも裸足でも変わらないみたい。
むしろ、裸足の方が速いかも?!(これが一番の理由だったりして)。

nice!(3)  コメント(0) 

リムステッカーを貼ってみた [バイク]

こんにちは、先日、夜に車で国道を直線レーンを走っていたら、交差点で右折レーンにバイクが止まっていたのだけど、対向車のヘッドライトに紛れてしまい、すれ違う直前まで気づきませんでした。
自分も右折レーンに入っていれば、もっと早く気づいただろうけど、バイクって夜は見えにくいなあ、と今更に思ったchimamoです。

因みに自分は、対策として夜バイクに乗るときは反射ベスト着てます。

さて、夜の視認性をもっと上げられないかと思って購入したのがコレ、

HIROMARUjp 反射 リムステッカー 17 18 インチ 8mm
P1190628.JPG

一枚のシートにホイール2つ分、8本のラインが貼ってあり、これが4枚入ってました。

ライトを当てるとこんな感じ
P1190622.JPG

安かった(amazonnで1,190円)割には、しっかり反射しているのでは。
でも、シートポストの、ダイソーで買った反射バンド(腕とかカバンに巻きつけるヤツ)の方が光ってます。

もう一つが、
3Mの反射テープ(黒)
P1190614.JPG

明るいところでは、ただの黒いテープだけど、
P1190615.JPG


光を当てると、結構光ります
P1190620.JPG

これならバイクの黒い部分に貼っとけば、昼間は目立たないかと。

作業風景は写真撮り忘れたけど、手順は
①ステーカーを切り分ける
②パーツクリーナーでホイールの油汚れを落とす
③薄めた洗剤をホイールとステッカーに吹きかける
④ステッカーを貼る
⑤ドライヤーで熱風をあてて乾かす

とまあ、ウェブで調べた通りにやってみました。

17~18インチ用の為か、19インチのフロントのホイールに貼るのが結構大変だった。
曲線にピッタリ合わせて貼っていくと、必ずステッカーの真ん中辺りに膨らみができてしまう。
うまく貼れたと思うと、継ぎ目がズレてて、微調整していると他のところが大きくズレてやり直し。

これを何度繰り返したことか・・・。

結局前後で2時間以上かかってしまった。

黒い反射テープは、エンジンガードとハンドルガードに貼ってみました。
日中でも、見る角度によっては光を反射して結構目立つので、正直ハンドルガードはダサい、かも。
でも貼っちゃったし、走っている時は自分は見えないし。と言い聞かせる。

で、出来上がりがコレ。もちろん後ろも貼ってますよ~。
P1190629.JPG

不器用な自分にしては、近くに寄って見なければ、綺麗に貼れたと思います。
ステッカーは黄色というより金色に近いけど、タンクの色と合わさっていい感じ。

ただ、洗剤が濃すぎたのか、寒い中(気温11度)の作業のせいなのか、ドライヤーで熱風当てても全然張りつかない。
時間の経過とともに固着すればいいんだけど、残った水分がステッカーとリムの間で凍って、剥がれないか心配。

まあ、あと1セット残ってるから、最初は練習と思って剥がれたら貼り直せばいいか。

と、前向きに考えとこう。


nice!(4)  コメント(0) 

羽生まで軍鶏鍋を食べに [バイク]

こんにちは、家族でドラマ「陸王」にハマっていて、毎回涙がちょちょ切れてるchimamoです。
娘が「陸王が欲しい!!」なんて言い出すので、「ランニング足袋(無敵)じゃダメ?」と聞いたら、「ソールがシルクレイじゃなきゃヤダ!」と、拒否されてしまいました。

今日(12月3日)は、軍鶏鍋を食べに羽生PAまで行ってきました。

補足しとくと、東北道下りの羽生PAは、4年前にリニューアルされて「鬼平犯科帳」の世界をテーマにしていて、当然、食べ物も凝っていて、劇中で登場人物が食べるお馴染みの料理が食べられるのだ!

鬼平ファンの自分は、オープン直後に行っているのだけど、あまりに人が多すぎて席が確保できず、「絶対に、また来て軍鶏鍋を食べる!」と誓った場所なのです。

その後、東北道は何度も使っているものの、羽生PAを通るのは大抵夕方で、当然混んでるだろうし、休憩するには中途半端な位置なので、その後は一度も寄ることがなかった。

なので、山方面は寒くて(危なくて)行けない今こそ、目的を羽生PAに定め、冷えた体を軍鶏鍋で温めようというツーリングなのだ!!

8時前にバイクのエンジンをかけると、路面凍結の注意を促すフリーズインジゲーターが点灯!
IMG_5964.JPG

家の外に置いてある温度計も2度を示してるから、VStrom650の気温計とインジゲーターが正常に作動していることを確認する。なんか嬉しい。

高速道路を走ってもつまらない(早く着きすぎる)ので、県道と国道をつないで北上し、館林ICを目指す。

完全冬装備なんだけど、指先と足先はどうにも冷たい。
ハンドルカバーをしてるとは言え、冷蔵庫よりも低い気温の中でじっとしてれば体が冷えてくるのは当然。

むしろ、「冷たい」程度で済んでいるのを感謝すべきだろう。

嵐山町に入ってすぐの田んぼで愛車の撮影会。
IMG_5969.JPG
未舗装路でも安心して入っていけるのが、このバイクの強みだ。

館林ICから東北道に入り、羽生PAを目指す。
トラクションコントロールをモード2(ウェットコンディション)にしているためか、4000回転で95km/h前後。
モード1だと100km/hは出るから、トラコンはエンジン出力も制御してるのか?
まさか、この前バイク磨いたついで(?)に、プラグキャップを1つ外して戻したんだけど、それが接触不良で点火してない、なんてことは無いよな・・・。

10時35分、羽生PA到着。
当然だけど、店内の客数はまばら。今回は余裕で席を確保する。
注文して、待つこと10分程。

来た~!
IMG_5973.JPG

なんでも、1760年から続く老舗鶏料理店が、当時の軍鶏鍋を再現したのだとか!

味付けは結構な濃い目の甘口(受け取りカウンターで唐辛子を入れとけば良かった)、冷えた体に軍鶏と牛蒡が染み渡る。
これは、コタツに入って辛口の日本酒を熱燗にして、きゅっとやりながらハフハフ食べるのが正しい食べ方と見た!
っていうか、鬼平犯科帳でも必ず一杯やりながら鍋をつついてたもんな~。

自分には、軍鶏と普通の鶏の違いはよくわからなかったけど、とても美味しかったです。
気のせいか、鶏の身が締まってたような・・・?

デザートに「一本うどん風くず餅」を食す。
IMG_5980.JPG

こんど来た時は、本物の「一本うどん」を食べよう。あ、でも、蕎麦も捨てがたいぞ。
鬼平でも蕎麦はよく出てたし。

羽生ICで降りて、次に向かうは行田。
日が高くなり気温は13度。気温0度を合わせて防寒対策してるから暑くて仕方ない。

ふくさやの駐車場で、オーバーパンツを脱ぎ、ネックウォーマーとインナーグローブを外す。
これでやっと涼しく(?)なって快適に走る。

ふくさ屋本店で、当然コレを買う。
IMG_6014.JPG

全品2割引セールをやっていて、ついでにシュークリームとモンブランチョコケーキも買う。
適当なところを見つけて食べよう。

県道30号に入る交差点で、道端に駐車しているV-Strom650XTを発見!
こちらの視線にライダーさん(男性、50歳前後か?)も気づいて、笑顔を返してくれる。

「いいバイクに乗ってますね~」
「このバイク、楽しいですよね~」
「お互い、いいバイク選びましたね!」
「お気をつけて! 縁があれば、また何処かで」

なんて事を、向こうも考えてたと確信する。

色気は全くないけど、見ず知らずのライダーさんと、目と目で通じあう一時。
いやー、楽しいなあ。

都幾川沿いに入っていき、バイクを停める。
IMG_5987.JPG

KLX250には及ばないけど、少々のダートなら全然怖くない、というか楽しい。


期間限定の川原カフェ開店!
IMG_5990.JPG

適当な大きさの石に座ってるけど、尻が痛い。
今度は折りたたみイスかクッションマットを用意しとこう。

川のせせらぎをBGMにケーキを頂く。

いつも休憩というと、コンビニか道の駅だけど、買う場所と食べる場所を分けるのもいいなあ、と思った。
ついでに、ストーブも持参してコーヒーも淹れたら、なお良さそうだ。

なんて考えているうちに、
川原カフェ閉店!
IMG_5997.JPG

少し散策して、紅葉を楽しむ。
IMG_6003.JPG

川の水が綺麗すぎるのか、全然魚がいない。
IMG_6009.JPG

ついで(?)に、人気のない駐車場で8の字の練習をするのだけど、ライン上にカマキリが現れて邪魔をするので、さっさと退散する。
鎌を振り上げて威嚇して、まさに「蟷螂の斧」。かといって踏み潰す訳にもいかないしなぁ。

気づけばオドメーターが1000キロを越えていて、慣らしの4000回転縛りが外れる。

試しに追い越しで5000回転くらいまで回したら、5速だというのに50kmから驚くほどの加速。

正直驚いた。

うーん、このバイク、羊の皮を被ってるけど脱いだら凄そうだ。

なんて思いながら帰宅。
天気の良い、楽しい(美味しい)ツーリングでした。

本日の走行距離:161.1km
燃費:25.1km/L


nice!(8)  コメント(0) 

小江戸川越ハーフマラソン2017 [マラソン]

こんにちは、珍しく2日連続でブログ更新のchimamoです。
昨夜は娘(小2)が、お風呂上がりにアキラ100パーセントのモノマネを披露して、家族の笑いを誘ってました。家でTVで見た覚えはほとんどない、つまり自分は全然知らないのだけど、一体どこで覚えてくるのやら。

このところ、恒例行事となっている小江戸川越ハーフ、今年も走ってきました。
IMG_5949.JPG

不安といえば、去年の今頃に比べると走り込みが足りていないこと。
これって、結構な不安要素だな、今更ながら・・・。

とはいえ、天気もよく体調も悪くないので、去年よりはタイムを縮めたいところ。

早めに集合場所にいったので、Aブロックでも結構前の方に並んでしまう。
自分ははじめはゆっくりなので、後ろから追突されやしないかと心配してしまう。

気温が上がって暑くならないか心配になるくらいの中、スタート!

スタート~5km avg:4'10min/km
はじめの1キロはキロ4分30秒くらい、そこから徐々にペースを上げてくつもりだったのが、周りのペースにつられて、いきなり1キロ目からキロ4分11秒で入ってしまう。
思ったよりも体が動くし、このペースでも余裕を感じたけど、ここで調子にのると後で悔やむのは経験済み。
抑えて走る。

6km~10km avg:4'04min/km
去年はこの辺りまでペースが上がらずに焦ったけど、今年は割とスムーズに体が動く。
でも段々と息がしんどくなり、走り込み不足を実感する。
とりあえず、今のペースを維持することを意識して走る。

11km~15km avg:4'07min/km
結構しんどくなってくるけど、「10km以上走っているのだから、疲れて当たり前」と自分に言い聞かせる。
去年は、前半は抑えていて、ここら辺りで「よし、そろそろペース上げるか!」と上げ調子だったけど、今年は全然無理。
余力はまだあるけど、今のペースを維持するのがギリギリ、と体が告げる。
特に後半、精神的に辛くてペースを落としたくなるけど、「足が動くうちは走る」と、もがく。

16km~20km avg:4'03min/km
ゴールが近づいたことで、少し攻めの気持ちが出てくる。
体感的にはキロ3分台で走るのだけど、ラップを見ると4分05秒辺りで、結構疲れてるんだな、と冷静に判断する。
振り返ってみれば、この区間が平均で一番速いので、それなりには頑張ってたみたいだけど。

21km~ゴール
最後のスパート、をかける余力はなく、ほぼイーブンペースのままゴール。

結果
1時間26分41秒(avg 4'05min/km)

去年が前半は体が動かず、後半に追い上げるレース展開だったけど、今年はほぼイーブンペースだった。
ほんとは、後半はキロ3分55秒くらいで走れるかと思ったけど、走り込みが全然足りてなかったみたいだ。

今年は、屋台で小江戸ビールと焼き鳥、あときゅうりの一本漬けを買って打ち上げ!
IMG_5953.JPG

青空の下で飲むビールは格別だね! 
この一杯があるから、マラソンは止められませんな~。

家に帰って、去年の記録証と見比べてみる。
今年
IMG_5950.JPG

去年
IMG_5956.JPG

なんと、ネットタイムが全く同じではないか!
ゴールした時から、去年と同じくらいと思ってたけども、ここまでとは・・・。

ある意味ではすごいけど、去年から全く進歩してないってことだよなぁ。

前半抑えて後半飛ばそうが、全工程イーブンペースで走っても、極端に失速しなければ結果は変わらない、って事?!
nice!(3)  コメント(0) 

天覧山で紅葉狩り [飯能]

こんにちは、先日の朝、息子が「行ってきま~す!」と元気よく飛び出していった後、玄関にランドセルが残されるのを見て、「なんてベタなボケをする奴・・・。」と、思ったのですが、今日、トイレで用を足そうとして腰を下ろしたら、便座が上がっていて冷たい便器にお尻が当たってしまい、「おおうっ!」と思わず声を上げてしまいました。息子は途中で気づいて取りに戻り、自分もお尻が便器にハマる前に腰を上げて、オチも中途半場なとこまで親子で似ているchimamo(と息子)です。

今日はカミさんと天覧山に登ってきました。
登ってきた、といっても標高195mで、ハイキングといっても笑われるくらいの山なんです。

息子は少年野球、娘は誘ったけど「行かない!」と拒否。
ソフトクリームで釣るけどもダメ。仕方ないからカミさんと二人。まあ、それも悪くないか。

天覧山、標高は低いけども紅葉がとっても綺麗なんです。
このあたりなら、一番綺麗なんじゃないかと。
因みに春は桜がとっても綺麗。

ニコニコ池のほとりから坂を上がっていくと、朝日に照らされた紅葉を楽しめます。
午前中、できるだけ早い時間がおすすめ。
木々の間から木漏れ日に紅葉が照らされてとっても綺麗なんです。

やっぱり紅葉は晴天に映えますな
IMG_5942.JPG

赤、黄、緑のグラデーションが素敵すぎる。
どれだけ見ていても見飽きあない、と思ってたらカミさんに先に行かれて追いかける。
IMG_5917.JPG

小さな子供も歩いていて、「これくらいの頃は、ウチの娘も可愛かったな~。」とじみじみ。
「喜んで(?)付き合ってくれるのは、今のうちだよ~。」と、心の中で声をかける。

人も少ないので、静かな空気の中、紅葉狩りを堪能する。

写真じゃ全然伝わらない!!
IMG_5923.JPG

山頂からは富士山がクッキリ!
早朝じゃないのに、これだけはっきり見えるのも珍しい!
IMG_5930.JPG

能仁寺も回ってみたけど、こちらは標高が低いのか(?)、紅葉はだいたい終わってた。

締めに、コンビニでソフトクリームを買って食べて、家路に(自転車で)着いたのでした。

いや~、飯能って良いとこだな~、と改めて実感した朝のひとときでした。
nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | -